« 確定申告 | トップページ | 東京家裁後見センターの本 »

自己流後見もどき

伯母の病気診断から成年後見制度利用まで、民法第697条「事務管理」を法的後ろ楯と勝手に決めて『自己流後見もどき』を始めました。別記『申立をためらった理由』の他に、とにかく祖母・伯母ダブル介護で手一杯で申立どころじゃない。成年後見制度を意識しながら『後見もどき』で乗り切る、といった感じでした。
社会福祉協議会の権利擁護サービスも検討しましたが、伯母がヘルパーやケアマネさえもなかなか室内に入れず、そもそも介護保険サービスを十分に使う事が出来ない状況でした。ヘルパーさんも懸命に努力して下さったのですが、2年半に渡る伯母の在宅独居生活はほとんど家族の通い介護でしのぎました。祖母の入院や老健入所もあったので、それ以上に物事を煩雑にする(権利擁護サービス導入手続・担当者と伯母との仲介など)気力は失せていました。

『自己流後見もどき』で心掛けた事。
1)身上配慮関係
それまで祖母の主介護者かつ扶養者だった伯母自身が要介護となり、祖母と伯母についての情報をテキスト化し、共有しやすくしました。別世帯なので、同居家族と違って二人の生活の全容を知る作業が必要でした。
又、口伝えでは不足だったり不正確になり易いので、病院や介護スタッフとの連絡にもそのデータを利用しました。介護家族の中にヘルパーさんとの連絡や要介護認定調査の為に「介護ノート」を作る方々がいらっしゃいますが、私のデータもそのような「介護ノート」を元にしたものです。例えば要介護認定調査においては、調査項目に沿った形式に上記書類を編集することで、調査員の理解を得やすいようにしました。後見開始申立時の「意見書」でもこのデータを利用しています。
・祖母・伯母それぞれの病歴や当時の状況・生活暦・嗜好などを、本人・家族に尋ねながら書類にまとめる。
・家族代表者には私がなり、対外交渉窓口をはっきりさせる。
・家族関係・連絡先などの表を上記書類に加える。
・病院診察券・保険証などの原本は私が預かり、コピーを本人や他の家族へ。
・介護保険サービス・病院・施設などの情報収集・調査・選択。
・介護保険制度・病気について理論と現実を学び、交渉にあたる。
・病状の進行を見越しながら、起こりうる事への対策・入所等に備えた計画。

2)財務・事務管理関係
伯母に尋ねながら、祖母と伯母双方の年金・健康保険・税金・公共料金等の手続・事務、財務状況などを把握(捜索も)しました。全部を把握するまで1年近くかかりました。
○祖母と伯母の財務分離
・伯母の祖母を扶養する立場=祖母の費用を支払う立場を解消し、
 祖母の費用は祖母自身の財産と他の家族(伯母の妹2人)が負担する事に。
・伯母の妹2人からの祖母への仕送りを止め、誰が何を負担するのか定める。
・祖母の財産からの支出項目
  =医療・介護保険サービス費用や病院や介護施設などから要求されたもの(診療費・薬代・おむつ代など)
・他の家族の負担項目(仕送りのかわり)
  =上記以外で日常生活品・嗜好品など。
・祖母の『後見もどき』帳簿と立替た家族の為の清算、その記録の作成・領収証など書証も整備。

○伯母の事務・財務管理
・預金証書・印鑑・年金保険証書・権利証などの重要書類の保管
伯母のプライドに気をつけながら、病気の進行(本人の管理能力の変化)に従い、本人の了承を得て私や他の家族が預かる。
誰が何を預かっているかを明確にし、伯母が不安にならないよう事情説明メモと書類のコピーを渡したり、何度も説明を繰り返したりした。
・銀行や税務署などの手続
  =必ず本人を連れて行き、そこで再び本人と担当者に説明。
・日常の現金管理と銀行口座の整理(特に自動引落分)
  =伯母ひとりで銀行引出ができなくなって。
・祖母と同じく、病院などの費用を他の家族が立替た時の清算。
・郵便転送手続=行政・銀行などからの郵便について
  =伯母が内容を理解できず、混乱したり紛失したりしたので。

3)書証・記録(法的根拠)とリーガルマインド(法的な考え方)
介護・医療等の交渉・契約・事務・財務管理等をする折に、常に本人と家族の確認や了解だけではなく、記録・帳簿・領収証などを整備し、本人に関わる介護・医療スタッフ・裁判所や行政に対して堂々と申し開きできるよう注意しました。
ちょっと怪しいな=脱法行為かなと思った時はとりわけその行為に至った理由と記録を吟味し、素人考えですが法的理論武装にも励みました。

4)情報の一元管理を避ける
上記の書類や情報を私だけで管理するのではなく、他の親族やスタッフと共有するようにしました。
重要書類・財務関係帳簿や領収証などは必ず複数コピーをとって他の家族にも送り、チェックしてもらうようにしました。後見事務報告の簡易版ですが、1〜2ケ月毎に送っていましたから、今やっている家裁宛の1年単位報告の方が楽です。

以上は、私の立場を守る為でもありました。後見人になる迄の法的根拠は『事務管理』と思っていても、所詮素人ですから不安でした。記録と書証の整備に非常に気を使いました。


実際には沢山あり過ぎる印鑑や通帳紛失事件、二重払い事件など色々な事が起こりました。私を疑う電話を何回もかけてきて精神的にまいったこともありましたが、基本的には伯母が私や私の母(妹)を信頼してくれていたので助かりました。時々、真面目な性格故の義務感から祖母の支払をしようとして、家族や病院を混乱させてくれましたけれど。
page top↑

|

« 確定申告 | トップページ | 東京家裁後見センターの本 »

「申立に至るまで」カテゴリの記事

コメント

ちょうど親族と情報の共有を兼ねてブログを開設したいなと、思っていたところへ出会いました。
私も、この5月から叔母の自己流後見人。通帳がないから始まった日々の大変さから月に2~3回の島根・福岡往復、仕事、子どもの問題で破裂しそうです。
何しろ、領収書や紙切れから「この口座って生きてますかあ?」から始まった調査でした。
最近、叔母の主治医に会ったところ、5月の「通帳がない」頃にはアルツハイマー発症していたと…。でも、本人は先生のお話を理解できていなかった。薬も紛失。
さて後見人をと思いきや、通帳、証券、書類の紛失連発で遅れ遅れの遺産分割協議がまだ出来ないので、延期です。
さらに、叔父たちが「後見人に財産を取られる」と思い始め、80歳で「自分が」と。
福岡へ通うだけでも大変なのに、叔父のサポートもしながらのお手伝いは難しい。私に、走行距離10万を誇る愛車で福岡へ行けと?
これまで、ご近所、ケアマネージャー、ヘルパー、医療者、各銀行、区役所、弁護士、司法書士、と築いてきたおばの介護ネットワーク、これで消えるのかいなあ?
こんな流れの中で、置いてきぼりはアルツハイマーの叔母一人だということを、みんなが忘れてしまう。
後見人の手続きだけでも時間がかかるし、悩みどころです。
もし叔母が亡くなったら、遺産を取られるって心配されているけど、私は肺癌の自己改革的患者だから、いただく暇はないのよね。
母子家庭で、自分の治療費よりも子どもの自立費用に当てただけ。
叔父様よりも、叔母様よりも、早く行くのになあ。もうすぐ。
でも、こうして叔母のためと思って夜行バスで通う日々に耐えられている肺癌に乾杯!
死ぬまでビールは飲みまっしょい!
これまでの記録、ブログで残していかなくては。
いろいろと参考になります。ありがとう。

投稿: あちゃ | 2005.09.19 01:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72183/4032938

この記事へのトラックバック一覧です: 自己流後見もどき:

« 確定申告 | トップページ | 東京家裁後見センターの本 »