« 申立手続で思ったこと | トップページ | 母もとうとう要支援 »

審判後の書類提出

「後見開始」審判の確定後、成年後見人は約1か月の間に財務目録を作成し提出します。
私の場合は申立の際に既に提出していましたので、その後の異動分だけを追加提出するだけで済みました。家裁の書式が送られてきましたが、申立時作成の自己流書式のまま追加提出しても構わないとの事でした。
(その後の後見事務報告書は家裁書式を尊重して、少しだけ自己流にしています。)

■異動分(追加)
財務収支表(収入状況報告書の自己流)
預貯金証書等の写し
年金等の通知書
入所施設費用支払表(自己流)
現金出納帳(自己流)

■新規に提出したもの(主に居宅関連の書類)
税金関係の通知書等の写し
火災保険証など居宅関連の重要証書の写し
公共料金など居宅関連の領収証(最新のもの)の写し

*確定証明申請と記録閲覧謄写申請も一緒に送付しました。

page top↑

|

« 申立手続で思ったこと | トップページ | 母もとうとう要支援 »

「後見人の仕事」カテゴリの記事

コメント

匿名様
「ヤバイ」かどうかは、わたしにはお答えできません。やむを得ずした事情やお祖母様への明らかな不利益がない事を明確にされればよろしいんではないでしょうか。

ちなみに私は法律専門家でもないことをご理解下さい。

投稿: nag | 2008.06.02 01:38

それは言うつもりなのですが、配偶者がなくなり、混乱している中、保険会社から早く早くと急かされ、変更しました。
冷静に考えれば、後見人が立った後に行えば良いことで…これは、いけない事なのか罪になるのか気になります。もちろん、私を受け取りの名義には変えていませんが…。
訳ありの家系で私しか動ける人いないです。
申し立てしてない時期での変更なのですが…。ヤバいでしょうか。

投稿: 匿名 | 2008.05.25 18:27

匿名様

申立や調査の時に家裁に、ご家族から「何故、受取人を変更したのか」ご説明なさった方が、良いと私は思います。

投稿: nag | 2008.05.23 00:36

私の祖母に成年後見の申し立てをしようと考えています。祖父が今月亡くなり、祖母の生命保険の受け取りを祖父母の子供(私の父)に変えてまいました。
これは、いけない事だったのでしょうか?裁判所は通帳や保険の有無を銀行などで聞き込み調査をするのでしょうか?

投稿: 匿名 | 2008.05.14 21:06

初めまして。
伯母様の事、ご心配ですね。
成年後見制度は本人の為にあるものですから、ご家族間に利用について見解の相違があっても、極論を言えば「姪である」貴方が申し立てても構わないのです。
((補助は本人の同意も必要です))
伯母さまに法定後見が必要かどうか、補助・保佐・後見のどれかは家裁が調査して決める事で、家族が決める必要は無いのです。
((それでも最初に利用すべきかどうか悩むのは本人かその周りの家族ですよね。))


病名・介護保険サービスを受けていらっしゃる事から、医師の診断書やデ介護サービス記録(ケアマネか、ヘルパーさんやデイサービスの施設に頼む)という客観的な書類をそろえる事ができますね。それと貴方自身からみた伯母さまの現況を書き留めて、下記組織や家裁に相談されてはいかがでしょうか。その結果、法定後見の必要性が有りとされたら、ご家族にも知らせて次の算段をされたらいかがでしょうか?

成年後見センター・リーガルサポート
(司法書士)
http://www.legal-support.or.jp/
成年後見センターぱあとなあ
(社会福祉士)
http://www.tokyo-csw.org/jigyo/partner.html

伯母さまの要介護度「1」という評価からすると私が初期に悩んだ任意と法定すれすれの所かもしれません。

「後見の類型の判断となる言動、行動」などについては新たにエントリーを書かせて頂きます。数日お待ちください。

((言葉足らずを修正しました。うまく説明できなくて))

投稿: nag | 2006.02.09 01:36

 当方は 「80歳-アルツハイマー性認知症-介護度1-ヘルパー・デイサービス利用中・独居」 の伯母の事で気をもむ者です。

 法定後見制度を考えているのですが、本人は病識がなく、薬も自らは飲んでくれません。
 一人住まいが問題なくできていると思っています。
 周り(親父、叔父達)も病気に対する理解が薄いのか、もしくは、家系の恥だと思っているのか、任意後見と間違えているのか  「判断能力に全く問題ない」・「病識を持った上、本人の完全な了解」・「本人の自意識が無くなるまで病気が進行」、のいずれかでないと、「申立すること」も出来ないと言い張り、協力を拒みます。(特に申立時の鑑定等のお金の協力ですが)
 また、本人が発症前に「とりあえずの養子」を取って、書類上のみの親子関係(お互い実生活で関わらない、墓守だけみたいな)、を持っているためそちらの問題も後日出てきそうです。

 Nag様の場合の 被後見人様の 様子をもう少し具体的に知りたいです。 申立時の後見の類型の判断となる言動、行動はいかがなものだったでしょうか?
 ちなみに 当方の場合、本人の身の回り品の紛失や、調理器具の空だき、年令の不明など色々ありますが、決定的なのは本人の「年金の現況届け」が何たるか判らず放置し、「年金」未給付でも気がつかないことでした。そして本人が拒むと本当に未給付かどうかさえ調べられません。これで、「保佐」を考えるようになりました。

投稿: mtkom29 | 2006.02.08 11:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72183/8145793

この記事へのトラックバック一覧です: 審判後の書類提出:

« 申立手続で思ったこと | トップページ | 母もとうとう要支援 »