« 二度目の家族後見人 | トップページ | 専門職の方々へ アンケートしてみる? »

「成年後見制度の利用の促進に関する法律案」及び関連法案に対する反対表明

私たちは認知症高齢者介護家族・親族後見人の立場から
「成年後見制度の利用の促進に関する法律案」
「成年後見の事務の円滑化を図るための民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律案」に反対します。

反対の理由
■成年後見制度の「本人の権利擁護」という基本理念は制度発足時から、
既に唄われているではありませんか。
制度発足前 平成11年の審議内容を読み返されてはいかがですか?

そもそも家庭裁判所の後見係の実態調査をこの16年間どれだけおやりになってますか?
制度の入り口、申立手続から「本人を見ない」ことが常態化している昨今の家庭裁判所の状況をご存知ですか?
個々のケースについてきめ細かく考慮して審判に至る状態ではないのです。

まず 制度発足の最初から以下の問題があります。
    本人の介護・看護その他 その時点で本人の生活に関わる人たちの
        情報を裁判所が得ようとしないこと
        精査しようとしないこと
        意見が反映される方法がないこと。
    本人の介護・看護その他 その時点で本人の生活に関わる人たちが
        裁判所に対して異議申立ての道が少ないこと。

そして
本人の調査、鑑定を省略:なぜ以前にできた事ができなくなったのでしょう?
    2003年申立時は本人調査も鑑定もありました。
    その時の調査官は事前に 私の本人調査への対応の不安を見事に払拭し、
    本人自身、本人の暮らす施設環境、スタッフ、そして本人と後見人候補者である私との関係(感情)など細かく調査して下さいました。

■成年後見制度が「十分に」利用されていない理由は
家庭裁判所の本制度の運用実態が本人の権利擁護を最優先とせず、
本人以外の家庭裁判所を含む人員不足・能力不足と本人以外の家庭裁判所を含む金融機関、行政などの責任回避と利便性・効率性に重きをおいているからです。
    医療行為の同意、郵便物等の管理や死後の問題など、
    確かに本人の「権利擁護」の為に論議する必要性はあると思います。
    しかし、本当に「本人の権利侵害と権利擁護」のぎりぎりのラインを見定めようとしていますか?
    実は 本人以外の者がただ事務処理をしやすくしたいという願望の方が勝っていませんか?
    「本人の権利侵害と権利擁護」の見定めをきちんとチェックする者はいますか?
    そもそも「本人の意思」を知ろうとしていますか?

■成年後見制度の利用を促進する前に、
本人以外の者や組織の立ち位置をまず見直し、家庭裁判所の現場の方々の執務状況を精査し、人員を補強、養成する事が先決ではないでしょうか。
利用促進会議や促進委員会の設置に予算や時間を無駄に費やす必要はありません。
もう16年経っているのです。
本制度発足時前から家庭裁判所の人員不足は素人の私たちでも予測できました。
「権利擁護」が建前だけなのも、この16年間で実感致しました。
二度の親族後見人経験だけでも、裁判所による制度運用の劣化は著しいものです。
既に、裁判所自身が機能不全を起こしているのではありませんか?
裁判所自身が根本的な問題に自ら取り組まなければ、財産上だけでなく身上の不正を増大させるだけです。
裁判所の人員不足を補う為に「市民の中から成年後見人等の候補者を育成しその活用を図る」というのは、あまりに安易すぎる考えです。

法律上ではあいまいな事柄が全て裁判所内の規定で変更、決定されているようです。
    親族後見の不正防止対策としての「後見支援信託」と「後見監督人選任」
    裁判の迅速化対策としての「医師の診断書」重視で「本人調査・鑑定不要」
    家裁の人員不足対策としての「参与員増員」
全てにおいて、裁判所の「内規」で決まり、基準が明らかにされません。
裁判所の責任(人員補強、監督の不備)を「親族後見人の不正防止」対策で誤摩化していると思えます。
裁判所の親族後見の不正の統計では総数と総額だけが出され、どのような不正か細かく発表されていません。
弁護士会や司法書士会が調べた資料では、裁判所の不適切な後見人選任の問題、裁判所の説明不足、裁判所の後見監督の怠慢なども不正の理由としてあげられています。
又 後見人の不正のほとんどは親族後見人である一方、一件あたりでは数は少なくとも専門職後見人の不正による被害額は倍以上になっています。

■最後に
裁判所自身の人員不足と後見人選任の責任、後見監督の責任を回避するために、個々の状況を精査しないまま、「後見支援信託か第三者監督人選定」という外部委託を強制して、
    まじめな親族後見人の邪魔をしないで下さい。
    本人の財産から無駄な支出をさせないで下さい。

以上

2016年4月4日

認知症高齢者の家族:一名
認知症高齢者の家族・親族後見人:一名

|

« 二度目の家族後見人 | トップページ | 専門職の方々へ アンケートしてみる? »

「誰のため?」カテゴリの記事

コメント

nag さま、ありがとうございます。

とてもわかりやすく反対表明の全文が載っていましたので、どうかと思いましたが、nagさまのおっしゃるように、引用の形で一部紹介させていただきます。
それと、山本太郎議員の該当ページのURLもありがとうございます。

わたしは、精神障害を持つ弟の保佐人をしております。
専門職保佐人と二人でしております。
昨年この制度を利用するにあたり、家裁のパンフレットを読んでもよくわからず、家裁の後見係の方から長時間説明を受けても、よく分からず、それでもこれは利用すべき制度なのであろうと申立をしました。
専門職保佐人も選任されたことで、私にもしものことがあってもスムーズに引き継げると安堵したものでした。
ところが、保佐が開始されたとたんに、これは間違ったと気づきました。
しかし、もうやめることもできない、恐ろしい制度だとわかりました。

表明文で一番共感した部分は
「家庭裁判所の本制度の運用実態が本人の権利擁護を最優先とせず、
本人以外の家庭裁判所を含む人員不足・能力不足と本人以外の家庭裁判所を含む金融機関、行政などの責任回避と利便性・効率性に重きをおいているからです。」
ここです。

本人が生きているにもかかわらず、後見人が本人を乗っ取るかのように何でもできる制度はあってはならないと思います。

家裁のパンフレットや、ホームページで得られるこの制度の理念やしくみと、実際はあまりにもかけ離れています。
パッケージと中身がこんなにも違う商品にクレームをいえるまともな場所さえないなんて・・・

これから、成年後見制度を利用しようとしている人たちや、関心のない人たちに、様々な場面で、様々なツールを使って当事者の現状を伝えることが、大切だと思っています。
この制度に縛りつけられて権利を侵害されている物言えぬ本人にかわってしていかなくちゃいけないと思っています。

投稿: めら | 2016.04.18 22:05

この反対表明は、今国会(第190回通常国会)参議院内閣委員会2016/04/05 利用促進法案ほか審議の際、
山本太郎議員が当事者の声という形で読みあげて下さいました。
http://www.taro-yamamoto.jp/national-diet/5751

本法案については、国会審議(衆参)を含め、別途 記事を書きます。

投稿: nag | 2016.04.18 16:19

めら様 こんにちは、お読み下さってありがとうございます。
私たちの反対表明全文掲載という形でなく、引用はご自由です。
めら様が表明文のどこにどんな風に同感して下さったのか、或は抜けている部分とか書いて頂ければ、幸いです。

この制度は問題山積みなので、整理し切れていませんが、少しずつ更新してまいります。
今後とも よろしくお願い致します。

こちら「しげはる」さんのブログ「困ったぞ!成年後見人」(皆さんのコメントも)参考になります。
http://blog.goo.ne.jp/seinenkouken

投稿: nag | 2016.04.18 16:11

はじめまして

お書きになられたこの反対表明、まったく同感です。
なぜ、このような制度が見直されることなく、まちがった方向にさらに促進されていくのか?
親族後見人として、なすすべがないことが悔しいです。
そんななか、こうした内容のブログを拝見して、胸のすく思いをいたしました。

もし差し支えなければ、私のブログの中でご紹介させていただけないでしょうか?

投稿: めら | 2016.04.18 07:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 二度目の家族後見人 | トップページ | 専門職の方々へ アンケートしてみる? »